TAISEI

愛知・岐阜・三重など東海三県の不動産(底地・貸地)の買取・管理、ビル・アパートの買取|愛知県名古屋市 株式会社 大成地所

ご対応エリア

■名古屋市近郊中心

※東海三県のご相談が承れます。お気軽にご相談下さい。

 

事業内容

●不動産の売買及び仲介
●不動産賃貸・管理・保有ならびに運用
●不動産の有効活用、並びに資産運用に関するコンサルタント業務
●底地の仕入れ並びに企画販売、底地の管理・コンサルタント業

 

HOME»  ご相談事例集

ご相談事例集

こちらでは当社へお問い合わせを頂いたご質問やご相談の内容を記しました。

「こんな相談してもいいのかな」「ウチはこんな内容なんだけど」とお悩みはあっても、なかなか言い出せないことは多いかと思いますので、当社がどのような内容の業務を行えるのかという一つの目安としてご覧頂ければ、と思います。どうぞご確認下さい。

 

CASE1 老朽化アパート売却のご相談

CASE2 底地売却のご相談

 

今回ご相談頂きましたのは、名古屋市西区でアパートをご経営されているA様よりアパート売却のご相談を承りました。

【地主様のお悩み】

建物の老朽化が進み手直しも必要だが、現状の家賃では手直しする金額ほどの賃料収入が見込めない。かといって何十年も住んでいる人達なので退去して下さいとも言えない。耐震性を満たしていないので今後保有しているだけで、不安やリスクが伴うことを懸念されていました。

【解決方法】

現況も踏まえ、入居者付での売却・弊社による買受をご提案いたしました。条件面で折り合いがつきご契約となります。

 

【その後】

地主様は売却により得た収入で別の所有アパートの修繕費用にあて、入居率をあげて保有。不安やリスクを伴う不動産を売却し、保有不動産の稼動をあげる事になり、ご満足を頂きました。

 

●詳細データ
■敷地面積 約50坪 ■建築物構造 木造2階建てアパート
■入居状況 8軒中3軒入居5軒空室 ■築年数 築45年
■家賃状況 ¥15,000/月 ~ ¥25,000/月

 

ご相談・解決のまとめ

ご相談・解決のまとめ

 

【問題】

・老朽化した賃料収入の見込めないアパートを売却したい
・アパートには、数十年住んでいる住人がまだいらっしゃる
・長年すんで頂いているので、退去要請もしづらい


これらを円満に解決して、アパートを売却したい

 

 

ご相談・解決のまとめ

 

【解決】

・老朽化したアパートは当社が買い取り
・入居者様の問題も当社が一手に引き受け


以上にて、円満解決です!

 

CASE2 底地売却のご相談

CASE2 底地売却のご相談

 

今回ご相談頂きましたのは、名古屋市北区に借地権が付着した土地をお持ちでいらっしゃった方よりご相談を承りました。

【地主様のお悩み】

親からの相続で土地を取得したが、相続するまでは親がこのような不動産を持っていたのを知らずにいらっしゃいました。土地上にはA氏所有・B氏所有の建物がそれぞれ建っており、「売却するにも、売却しづらい土地」との事でした。それに加え地代は昔から継続しており、地代収入も2軒で14,000円/月と安く、収益性も低い不動産の為、売却をご検討。

【解決方法】

借地権が付着した状態での土地の買取を提案。借地人との交渉は弊社にて行う条件にて折り合いがつきご契約となりました。

 

【その後】

地主様は保有しているだけで悩みになっていた不動産を処分でき、資産をきれいにできご納得を頂きました。

 

●詳細データ●
■敷地面積 約100坪 ■所有土地建築物 建物2棟
●A氏 1棟 40坪専有
●B氏 1棟 60坪専有
■地代状況 ●A氏 6,000円/月 ●B氏 8,000/月
■状況 対象となる土地上に、借地権付建物が2棟・借地人2名

 

ご相談・解決のまとめ

ご相談・解決のまとめ

 

【問題】

・親からの相続で不動産を相続した
・土地にはA氏、B氏の建てた建物がある
・地代収入はあまり見込めない


これらを円満に解決して、土地を売却したい

 

 

ご相談・解決のまとめ

 

【解決】

・借地権付の土地の買取を当社が提案。
・借地人との交渉も当社が一手に引き受け


以上にて、円満解決です!

 

CASE3 借家売却のご相談

CASE3 借家売却のご相談

 

今回ご相談頂きましたのは、名古屋市東区で貸家(借家)を保有されているA様よりご相談を承りました。

【地主様のお悩み】

築約60年になる貸家(借家)を保有。現状、空室もあり家賃も安く今後の維持管理が大変であり、ご子息とご相談をされたとの事でした。
ご子息の方も、物件の詳細を把握しておらず、相続されても困るとの意見から売却をご希望されました。

【解決方法】

空き家となっている2軒の借家を現状のまま買取するご提案を行いました。条件面で折り合いがつきご契約。

 

【その後】

管理に困っていた不動産を現金化でき、子供への相続を考えた際に権利がついて維持管理が困難な不動産ではなく、現金を贈与・相続することができご満足を頂きました。

 

●詳細データ●
■敷地面積 80坪 ■建築物構造 自己所有 建物4棟
■入居状況 4軒中2軒入居2軒空家 ■築年数 築60年
■家賃状況 A氏 ¥18,000円/月   B氏 ¥20,000円/月
■状況 自身所有の建物4棟に2軒を借家にて賃貸、2軒が空き家の不動産を所有

 

ご相談・解決のまとめ

ご相談・解決のまとめ

 

【問題】

・築60年になる借家(貸家)を4棟所有
・2軒は空室で家賃収入も見込めない
・維持管理費がかさんでしまう
・ご子息も相続には否定的である


これらを円満に解決していきたい

 

 

ご相談・解決のまとめ

 

【解決】

・空き家となっている貸家2棟を当社にて買取
・手のかかる不動産を現金化し、有効活用方法の間口を広げる


以上にて、円満解決です!

 

お問い合わせ

土地・建物の売却が思ったように進まないときはお気軽に何でもご相談下さい